prinの備忘録

日々の記録、思ったこと、お出掛け、いろんなことを書いていく雑記ブログです

今年の夏は戦争関連の番組を見ていない

こんにちは。

prinです。

 

 

 

なかなか時間が取れなかったり

めんどくさかったり・・・

で、こちらのブログを放置してしまいました。

 

 

備忘録として残しておきたかったことは

色々あったんだけど。

 

素敵なお店とか、友達のこととか。

仕事で思ったこととか・・・。

 

 

時間が経つと、今書いてもなんか違うなって

そのままになってしまっていました。

 

 

まあいいや。

ぼちぼちやっていきます^^

 

 

 

 

 

お盆休みが終わりました。

 

私は昨日から仕事。

で、さっそく週末なんですけどね。

 

 

最近はあまりテレビを見なくなって、

家でもテレビは付いているけど

座ってゆっくり見る時間がほとんどありません。

 

そういう時間はスマホを触っていることが多いので;

 

 

でもお盆休みで帰省したりすると、

いつもよりテレビを見る機会が多いです。

 

 

それでふと、お盆休みが終わって思ったことです。

 

 

昔は夏休みって、戦争の特集とかアニメとか

何かしら戦争関連の番組が多かったように思うのです。

 

去年とかここ最近はどうだったのか、

テレビもほとんど流し見してるだけなので記憶にないのだけど。

 

それでも、原爆投下の日とか終戦記念日には

ああ今日は終戦記念日だな、と意識していたように思うのです。

 

 

今年は、もちろん忘れていたわけではないですが

台風もあって、

あまり意識しないまま過ぎてしまった気がします。

 

 

 

子どもの頃、

戦争ってずーっと昔の出来事のような気がしていました。

 

今思うと、私が産まれた頃は

戦争が終わってまだ30年ほどしか経っていなかったのです。

 

今の自分にとって30年前というと、

つい最近とは思わないけど

鮮やかに記憶が残っている、

「懐かしい」ぐらいの昔。

 

 

そう考えると今の子どもにとって戦争のあった時代は

もうひとつ時代が遠くなっていますね。

 

歴史上の出来事のひとつになっていくのでしょうね。

 

 

 

歳を重ねて思うのは、

30年、40年なんて、あっという間。

まあ、あっという間は言い過ぎだとしても、

昔思っていたよりも短いと感じます。

 

同じように、60年、70年と、

とてつもなく長いと思っていた時間も

過ぎていくのですよね。

 

 

戦争を体験した世代の方にとっての、戦争の記憶。

それは私にとっての幼い頃の記憶と、

ほとんど同じぐらいの鮮やかさで残っていると思います。

もっと強烈に残っているでしょうね。

 

 

私や私の親を含めて、戦争を知らない世代が増え

そのうちまったく関心のない人が増えていく。

 

戦争を覚えている人との温度差を

どうしても感じてしまいます。

 

 

同じように感じることは無理でも、

戦争について無神経な信じられない発言をする人を見ると

過去の出来事に無関心のまま来てしまうのは危険だなと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

♪柴犬ブログもやっています♪

www.shibainumugi.com